アガリクスのサプリメントで毎日の健康をサポート|気軽に摂取出来る

運動

抗癌作用のあるキノコ

笑顔の男性

マツタケからサプリへ

アガリクスとはブラジルを原産地とする「ニセモリノカサ」というキノコの学名です。「ニセ」とありますが、もちろん単に「モリノカサ」というキノコに似ているというだけのことです。モリノカサの方には特に薬効は報告されていないため、健康食品という点からすればこっちが本家といえるかもしれません。さてこのアガリクス、かつてはヒメマツタケという名でマツタケの代用品種として食されていたのですが、その後の研究で抗癌作用や血糖値効果作用が確認されました。そこへさらに栽培方法の確立による低価格化が重なったことで一大ブームを引き起こし、現在アガリクスは食用キノコというよりも、健康サプリメントとして揺るがぬ地位を築いています。

未知への挑戦は続く

現在でもアガリクスの薬効についての研究は続いています。プラシーボ・テストにおいても有意な結果が多数出ており、今後アガリクスの薬効が否定される可能性は極めて低いといえるでしょう。ですが、現時点ではまだその効用のすべてが解明されているとはいえない状況にあるのも確かです。例えばアガリクスの効用や成分は、その育成環境で劇的に変化することが知られています。しかし、どのような環境で育てるのが最適かについてはまだ完全な答えは出ていないのです。また、アガリクスをサプリメントに加工する際の手法についてもいまだ試行錯誤が続けられている段階で、完成形にはまだ至っていません。日本人に長く親しまれていながら、アガリクスはまだまだ神秘のベールに覆われています。その全貌が解明された時、アガリクスはさらなる恩恵を人類に与えてくれると予測します。