アガリクスのサプリメントで毎日の健康をサポート|気軽に摂取出来る

運動

がん予防に使われるサプリ

ペア

免疫賦活作用を利用

アガリクスはハラタケ属のキノコの総称で、世界各地に自生しています。日本でサプリメントに用いられているアガリクスはブラジル原産で、生育には高温多湿な環境が必要とされ、かつては「幻のキノコ」と呼ばれたこともありますが、現在では人工栽培が可能になっています。アガリクスに含まれるベータグルカンは、人間の免疫細胞を活性化させる作用があるとされており、がんを予防するサプリメントとして人気を集めました。医薬品ではなく科学的な根拠は証明されていませんが、代替医療の分野で一定の評価を受けています。また抗がん剤の副作用を抑制するとも言われ、西洋医学によるがん治療をサポートするサプリとして、今後も研究が進められると期待されています。

健康の維持と改善に

がん予防以外にも、アガリクスにはさまざまな目的で利用されています。たとえばコレステロールの排出を促し、血液をサラサラにして高脂血症や動脈硬化を防ぐと言われています。また免疫の賦活化によりアレルギーや花粉症を緩和し、自律神経を整えて心臓や肝臓の機能を保護するという研究もあります。さらに各種ビタミンやミネラルが豊富に含まれているため、整腸作用や育毛効果もあると期待されています。アガリクスを原料にしたサプリメントは、各社から数多くの製品が発売されています。無添加・無農薬栽培にこだわった製品や、有効成分が吸収しやすいよう加工された製品など、いろいろな特徴があるので、自分に合ったものをじっくり選ぶようにしましょう。